PR

産経WEST 産経WEST

特殊詐欺防いだ大阪のコンビニ店長に感謝状

 利用客が特殊詐欺被害に遭うのを防いだ大阪市東住吉区のコンビニエンスストア「ローソン照ケ丘矢田店」店長、吉岡佳織さん(30)が、大阪府警東住吉署から感謝状を贈られた。

感謝状を受け取るローソン照ケ丘矢田店の店長、吉岡佳織さん(左)=大阪市東住吉区の東住吉署
感謝状を受け取るローソン照ケ丘矢田店の店長、吉岡佳織さん(左)=大阪市東住吉区の東住吉署

 同署によると、吉岡さんは7月1日、来店した同区内の60代女性が、店内の端末機でプリペイドカードを購入する方法を別の客にたずねた会話を聞いて、詐欺に遭っていると判断。警察に相談するよう何度も説得し、カードの購入を取りやめさせた。女性は「有料メールの使用料が未払いになっている」とのメールを受け、プリペイドカードで支払うよう要求されていた。

 感謝状を受け取った吉岡さんは「とても光栄。詐欺被害が出ないよう、今まで以上に注意を払っていきたい」と話した。

 大阪府警は防犯情報を提供する「安まちメール」の配信を進めているが、それとは別に同署は7月下旬から、同区内のコンビニ48店舗の店長らに、不審電話の発生を速報するメールを配信。文面を簡素化することで、安まちメールより数十分早く配信することができ、コンビニの従業員が素早く警戒できるようにしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ