PR

産経WEST 産経WEST

大阪のコロナ重症者、東京の3倍に 中高年層への感染拡大警戒

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染再拡大が続く大阪府で、重症者の増加が目立っている。16日時点で重症者は72人となり、第1波のピークだった65人(4月19~21日)を超えて過去最多に。東京都より1日当たりの新規感染者数は少ないものの、重症者の数が大幅に多い「逆転現象」も生じている。複数の高齢者施設でのクラスター(感染者集団)発生が主な要因とみられるが、府は家庭などでも若年層から中高年層に感染が拡大しつつあるとして警戒を強めている。

 府内では7月22日に初めて感染者が100人を突破。8月17日は71人で14日ぶりに100人を下回ったが、ほぼ連日100人を超える新たな感染者を確認している。一方、重症者数は7月31日時点で19人となり東京の16人を上回った。その後、8月16日時点で72人まで増加し、東京(25人)の約3倍となった。

 1日当たりの新たな感染者数は7月26日以降、東京が平均約300人なのに対し、大阪は平均約170人。府内11カ所の高齢者施設でクラスターが発生しているとはいえ、感染者数に対する重症者数の多さは際立つ。東京より感染者の少ない大阪で重症者が多くなる「逆転現象」はなぜ起きているのか。

その他の写真を見る(2/2枚)

 関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は、「PCR検査を含め、大阪は医療態勢や医療レベルで東京と遜色(そんしょく)はなく、決め手となる理由は見当たらない」とし、年齢や持病、生活習慣などの詳しいデータを分析する必要性を指摘する。

 一方、大阪府医師会の茂松茂人会長は「はっきりとした理由は定かではない」とした上で、「同じ都市部でも、東京は1人暮らしの若者が多く、若者間で感染が広がっている。これに対し、大阪は家族と一緒に暮らす若者も多いことから、家庭内で若者から中高年層に感染が広がっているのかもしれない」と推察する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ