PR

産経WEST 産経WEST

琵琶湖のプレジャーボート転覆、操船の男性を書類送検 滋賀県警

琵琶湖で転覆したクルーザー=6月7日
琵琶湖で転覆したクルーザー=6月7日

 6月に大津市の琵琶湖で13人が乗ったプレジャーボートが転覆し、全員が救助された事故で、滋賀県警は17日、船舶安全法違反(最大搭載人員超過搭載)の疑いで、操船していた会社員の男性(41)=大阪市此花区=を書類送検した。

 書類送検容疑は6月7日午後0時半ごろから同45分までの間、定員10人を上回る13人を乗せ、大津市北小松の船着き場から琵琶湖の沖約1・5キロまでプレジャーボートを航行したとしている。

 12歳未満の子供3人も乗船していたが、法令では12歳未満の子供1人を0・5人と数えるため、事故当時は定員を1・5人上回る「11・5人」が乗船していた計算になるという。

 男性は容疑を認め、「十数人は乗れると思っていた」と説明している。沖合でウェイクボードで遊んでいたところ、波風が高くなり、引き返そうとした際、転覆したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ