PR

産経WEST 産経WEST

聴覚障害の母がダウン症次男を切りつけた孤独と誤解

 ダウン症で重度の知的障害のある次男(36)を包丁で殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた母親(70)に大阪地裁堺支部は7月、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。聴覚障害があり、生まれつき耳が聞こえない母親。〈心が苦しかった〉。法廷では手話を交え、事件への後悔と次男への愛情をにじませた。無理心中に至った2人の孤独と思い込み。裁判長は「境遇を踏まえると、あまり非難できない」と述べた。(小川恵理子)

手話で〈謝りたい〉

 昨年10月20日、堺市中区の自宅。その日は次男が通う作業所は休みだった。

 包丁を取りに台所に向かった母親。背中に包丁を隠したまま次男と向かいあうと、そのまま首を切りつけた。腕をバタバタと動かして抵抗する次男の姿に、涙があふれた。それでも再び、包丁で切りつけた。

 自らの首も切った。数時間後に意識が戻ると、近くに住む姉にファクスを送った。「たすけて」-。

 大阪地裁堺支部で開かれた母親の被告人質問。「息子はどういう存在か」。弁護士がこう問うと、手話を交えながら説明し、目を赤くした。〈かわいい子〉。被害者である次男には、顔を見て自分のしたことを〈謝りたい〉と訴えた。

 証人として出廷した長女によると、「(次男は)母親の言うことだけは『分かった』と素直に聞いていた」。親子仲は良好だったという。

 一命をとりとめた次男は事件後、施設で暮らしている。事件の影響からか、母親の存在を怖がる一方、その身を案じることもあるという。

自殺とどまった理由

 2人に何があったのか。

 判決などによると、母親には長女、長男、次男の3人の子供がいた。平成25年に長女、29年に長男が独立すると、以降は次男と2人で生活。次男との意思疎通は簡単な手話で行われていたが、自力では入浴や排泄(はいせつ)ができない次男の身の回りの世話は、母親が一人で行っていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ