PR

産経WEST 産経WEST

コロナの脅威など理研が中高生にオンライン授業

 理化学研究所の研究者がオンラインで授業を行う「中高生のための夏の特別授業『新型コロナウイルスに挑む生命科学・計算科学』」が17日午後5時~同7時に開催される。

 新型コロナウイルスの影響で科学イベントが相次いで中止になる中、コロナに関するさまざまな研究について中高生に知ってもらおうと企画した。

 当日は、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、1コマ30分(うち質問時間10分)で4つの授業を行う。授業は「遺伝情報からみるウイルスの脅威と生物進化の驚異」▽「専用コンピュータで見る新型コロナウイルスのタンパク質の動き」▽「スパコン『富岳』で見るコロナウイルス表面の分子の動き」▽「スパコン『富岳』で迫る飛沫(ひまつ)・エアロゾル感染のリスクとその対策」-について、各研究者が講義形式で行う。

 受講の申し込みは、14日正午までに理研神戸キャンパスのホームページから。対象は中高生とその保護者で定員は400人(先着順)。中高生以外も動画共有サイト・ユーチューブで授業を視聴できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ