PR

産経WEST 産経WEST

うがい薬、コロナ重症化や感染拡大防ぐかは「不明」

吉村洋文知事と松井一郎大阪市長の会見で並んだうがい薬=4日、大阪市中央区の大阪府公館(前川純一郎撮影)
吉村洋文知事と松井一郎大阪市長の会見で並んだうがい薬=4日、大阪市中央区の大阪府公館(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大阪府の吉村洋文知事は4日、記者会見で、府内の宿泊施設で療養中の新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを配合したうがい薬を使ったところ、使用しなかった場合と比べて唾液内のウイルスが減少したとの研究結果を発表。「研究段階で効果は確定的ではないが、ポビドンヨードを使ってのうがいの励行を呼びかけたい」としつつ、「買い占めはやめてほしい」と述べた。

 研究では軽症患者41人に1日4回、ポビドンヨードを配合したうがい薬でうがいをしてもらい、しなかった患者の唾液と、PCR検査を実施して比較。しなかった患者は4日目で約40%が陽性だったのに対し、うがいをした患者は約9%と低かった。

 研究を行った大阪はびきの医療センターの松山晃文・次世代創薬創生センター長によると、研究は感染者の唾液のウイルスが減ることを示すもので、重症化や感染拡大を防ぐ効果は直接示していないと説明。(うがいにより)唾液による飛沫(ひまつ)感染の抑制を期待しているとし、今後さらに研究を進める方針。

 会見を受け、ネット上ではポビドンヨードが一時トレンド入りするなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ