PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】英知を結集して打倒巨人、水面下で勝利をつかめ

ヤクルトの長谷川宙輝。ソフトバンクの2軍には逸材がまだまだいる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
ヤクルトの長谷川宙輝。ソフトバンクの2軍には逸材がまだまだいる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

 ザル守備矯正と投手力強化-。矢野阪神は巨人追撃に2つの課題を克服しなければなりません。ならばショート植田海、セカンド木浪の固定と、狙い目はソフトバンクの2軍投手陣です。阪神は33試合消化時点で16勝16敗1分けの勝率5割。首位・巨人とは4・5ゲーム差です。サンズ、大山、ボーア、福留&糸井の中核打線が計算できるようになり、先発投手陣の質と量も他球団を上回っています。一方でチーム失策数24はリーグワースト。昨季も102失策を記録した守乱は全く改善されていません。糸原離脱後の二遊間の固定は急務ですね。そして、更なる投手力強化の大チャンス到来です。水面下の戦いでも巨人に勝ってほしいですね。

守備の乱れの負のデータ

 ある意味、今の阪神の重要課題を暴露した試合でしたね。再起を目指す藤浪の今季2度目の先発登板となった7月30日のヤクルト戦(神宮)は七回裏にショート北條の2つの失策で失点を重ね、7回4失点(自責1)。ゲームは0-6で敗れ、毎回の10奪三振の力投も報われませんでした。

 「誰もエラーしようと思ってエラーしていない。味方がエラーをしたとき、ミスが出たときに抑えてこそ。ああいうところでカバーできたらと思っています」

 試合後の藤浪は唇をかみしめながら同学年でもある北條をかばいました。

 最速154キロの直球と自身が「スプリット」と表現した140キロ台のフォークボールがキレ味抜群で、これなら近い将来、必ず勝てる…という予感の漂うマウンドでした。だからこそ、この試合で勝たせたかった…とも言えますが、ここで注目しなければならないのは、藤浪の足を引っ張った守備の乱れが30日のヤクルト戦の七回だけではない…という負のデータです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ