PR

産経WEST 産経WEST

登録ミス 高校野球大阪大会で没収試合

 令和2年大阪府高等学校野球大会で29日、くら寿司スタジアム堺(堺市中区)で行われた美原-八尾の2回戦は、八尾が登録していない選手を出場させたため大会規定に従って没収試合となり、美原が9-0で八尾を破った形となった。規定では、ベンチ入りできる上限は20人で、事前に登録した30人から試合ごとに登録し直す必要がある。

 八尾の監督によると、けがから復帰した選手を、この試合に登録したと勘違いして出場させたという。実際は19人しか登録していなかった。この選手はスターティングメンバーではなかったが、七回に代打で出て四球で出塁。次打者が打席に入った時点で、大会本部から規定違反を指摘された。審判団と本部が協議し、没収試合とした。

 この時点で八尾は9-3とリードしていた。監督は「選手には大変申し訳ない。責任は全て自分にある」と謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ