PR

産経WEST 産経WEST

祇園祭1150年の歴史で初 白馬行列に氏子の思い乗せ

 日本三大祭りの一つで、疫病退散の祭りとして知られる八坂神社(京都市東山区)の祇園祭は今年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、祭りのハイライトとなる「山鉾(やまほこ)巡行」と「神輿渡御(みこしとぎょ)」などが相次いで中止となった。それでも神事は粛々と行われている。神輿渡御に代わり行われた「御神霊渡御祭」は、1150年以上の歴史を持つ祇園祭で初めての試みとなった。例年になく静かな京都のまちで、災厄除けの本義を示そうとする神職や氏子の使命感が伝統の祭りをつないでいる。  (田中幸美)

突然の行列に沿道も沸く

 今月17日、神霊を遷(うつ)した神籬(ひもろぎ)(榊)を神の使いとされる白馬の背に立てて、神職や氏子ら約30人からなる巡行列が小雨が降るなか京都市内中心部を練り歩いた。八坂神社から目的地の御旅所(同市下京区)までの約1キロを進むと、三密を避けるため直前まで詳細を知らされなかった沿道の人たちは突然の行列に驚き、携帯電話で写真を撮ったり、白馬に手を合わせたりしていた。

御神霊渡御祭では、祭神を移した榊を白馬の背に乗せて、八坂神社から御旅所まで巡行が行われた=17日午後、京都市下京区(永田直也撮影)
御神霊渡御祭では、祭神を移した榊を白馬の背に乗せて、八坂神社から御旅所まで巡行が行われた=17日午後、京都市下京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 例年なら17日には午前中に山鉾(やまほこ)巡行で町を清めた後、八坂神社の3祭神を乗せた神輿が町を練り歩き、御旅所へ向かう神輿渡御が行われるが、今年は山鉾巡行も神輿渡御も中止に。神輿渡御に代わる神事として行われたのがこの御神霊渡御祭だ。

 八坂神社にとって最も重要な神事である神輿渡御の中止を発表した4月中旬以降、神社は神事の続行は決めて、祭神をどうやって御旅所へ送り、再び神社へと戻すか思案を重ねていた。

筆頭氏子組織の一言で

 そんな中、神社の膝元の祇園商店街振興組合と筆頭氏子組織の「宮本組」が提案したのが、御神霊渡御祭だった。応仁の乱(1467~77)で祇園祭が中断した室町後期、幕府が榊を神輿渡御の代わりとするよう命じた記録があり、実行されることはなかったが、それを参考にしたという。

 終息の兆しが見えない新型コロナを恐れる組員もいて、慎重な意見もあった。しかし、同組を率いる原悟組頭(56)の「ご奉仕させてもらえることを肝に銘じて、俺らがやっつけたるという気持ちで今年の祭りをやってほしい。『大丈夫やで』ということを氏子さんや京都市民に見せるために神さんを連れていくような祭りにしたい」の一言で、組員も発奮した。

中止となった山鉾巡行の代わりに、四条通を徒歩で巡行を行う山鉾保存会の関係者ら =17日午前、京都市下京区(永田直也撮影)
中止となった山鉾巡行の代わりに、四条通を徒歩で巡行を行う山鉾保存会の関係者ら =17日午前、京都市下京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 一方、八坂神社には「今年は祇園祭はやらないのか」という声が全国から相次いでいた。「疫病退散・災厄除けの“本家本元”として祭りの本義と祭神の神威を示したい」という誇りと使命感もあったといい、1150年の歴史で初の試みに踏み切った。権禰宜(ごんねぎ)の東條貴史さん(34)は「全国の夏祭りがことごとく中止になるなか、祇園祭の神事が『こういうやり方もある』という1つの指標となれば」と話す。

山鉾巡行も行列で

 17日の御神霊渡御祭で宮本組は勅板(ちょくばん)や幸鉾(さいのほこ)などの神宝を掲げて列を先導。列に加わった原さんは「今年の祭りは氏子のための祈りの祭り。みなさんに祈ってほしい」とつぶやいた。

 翌18日から23日にかけて、分霊した御幣を全氏子区域に順番に渡していき、コロナ禍で不安を抱える氏子の心に届けたい考えだ。24日には祭神が八坂神社に戻る御神霊渡御祭が予定されている。

 一方、山鉾巡行に代わる神事を模索していた祇園祭山鉾連合会(中京区)も今年限りの御神霊渡御祭が計画されていることを知り、各山鉾町の代表ら35人が榊の枝を持って町を清める徒歩巡行を17日午前に行った。参加者がかみしも姿で四条通を静かに歩き、八坂神社を遥拝(ようはい)した。

 山鉾連合会の木村幾次郎理事長(72)は「この状況では何もしないで終わることもあったが、われわれとして疫病退散の祈りの形を示せた。来年には本来の姿で祭りをしたいという気持ちがわいてくる」と、来年に向けて意気込んでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ