PR

産経WEST 産経WEST

堺の工場から出火 消防隊員が重体

消防隊員が崩れてきた建物の下敷きになり搬送された堺市の火災現場=16日午後
消防隊員が崩れてきた建物の下敷きになり搬送された堺市の火災現場=16日午後

 16日午後2時25分ごろ、堺市北区百舌鳥(もず)赤畑町の金属加工会社の工場で「煙が出ている」と119番があった。堺市消防局によると、消火活動にあたっていた40代の男性消防隊員が崩れてきた建物の下敷きとなり、病院に搬送されたが意識不明の重体。

 大阪府警北堺署などによると、火は約2時間半後にほぼ消し止められたが、木造平屋の工場約43平方メートルが全焼。隣接する民家などにも延焼した。

 出火当時、工場内で1人で作業していた男性経営者(64)は「アルミをバーナーで熱していたら火を噴いた」と話しているといい、同署などが詳しい出火原因や当時の状況を調べている。男性経営者にけがはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ