PR

産経WEST 産経WEST

「給付金振り込めない」だましとったカードで現金引き出した男逮捕

大阪府警本部
大阪府警本部

 新型コロナウイルス対策として1人10万円を給付する国の特別定額給付金に絡み、大阪府内の80代女性からだまし取ったキャッシュカードで現金300万円を引き出したとして、大阪府警豊中署は14日、窃盗容疑で同府和泉市黒石町の無職、小林海斗容疑者(21)を逮捕したと発表した。

 府警によると、「給付金が振り込めないのでキャッシュカードを交換する必要がある」といった嘘で、カードをだまし取られる被害は府内で13件確認され、不正に引き出された現金は計約1300万円に上る。

 小林容疑者の逮捕容疑は何者かと共謀し、6月18日午後2時ごろ、同府豊中市内のコンビニATMなどで80代女性や家族名義のキャッシュカード6枚を使い、現金計300万円を引き出したとしている。

 金融機関職員を名乗る男らが女性に電話で「給付金を振り込めない」などとだまし、自宅を訪問して女性から詐取。暗証番号も聞き出していた。

 府警は「金融機関や行政の職員が自宅にカードを取りに行ったり、暗証番号を聞いたりすることはないので注意してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ