PR

産経WEST 産経WEST

海賊版ゲーム機販売事件 男を書類送検 「売れそうだと思った」 大阪府警

大手通販サイトで売られているレトロゲームで遊べるスマホケース型ゲーム機。大阪府警は類似商品を海賊版と確認した
大手通販サイトで売られているレトロゲームで遊べるスマホケース型ゲーム機。大阪府警は類似商品を海賊版と確認した

 任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」など往年の人気ソフトが入ったスマートフォンケース型の海賊版ゲーム機が販売された事件で、大阪府警サイバー犯罪対策課は14日、著作権法違反容疑で宮城県栗原市の会社員の男(46)を書類送検した。同課によると、「面白い商品で売れそうだと思った。金を稼ぎたかった」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は海賊版ゲーム機3台をオークションサイトに出品し、昨年2~3月、大阪府内などの40~50代の男性3人に計9100円で販売したとしている。

 同課によると、ゲーム機は実際にスマホケースとして使用でき、元データをコピーしたとみられる36本のソフトを内蔵。府警はこのうち、スーパーマリオやタイトーの「アルカノイド」など8本について著作権を侵害していると裏付けた。

 男は中国の通販サイトでゲーム機10台を計約1万円で購入。書類送検容疑となった3台以外も、オークションサイトなどを通じて販売したという。

 昭和58年に発売された任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)時代などのソフトは、「レトロゲーム」として人気が再燃しており、ネット上などでの違法販売が横行している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ