PR

産経WEST 産経WEST

岡山襲撃 別の組員にも発砲、殺未容疑で組幹部再逮捕

 岡山市で特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組の幹部(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され負傷した事件で、岡山県警は13日、別の組員3人にも発砲したなどとして、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで特定抗争指定暴力団山口組系大同会幹部、岸本晃生容疑者(52)=住所不定=と、同組組員の山根正樹容疑者(35)=鳥取県米子市=を再逮捕した。

 県警は抗争事件として捜査。2人の認否は明らかにしていない。

 2人の逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、岡山市北区の駐車場で池田組幹部を銃撃した後、現場にいた池田組組員3人に向けて回転式拳銃を1発発射。逃走する際に乗用車を急発進させ、助手席に乗り込んできた組員(62)を振り落として転倒させ、鎖骨骨折の重傷を負わせたとしている。ほかの2人の組員にけがはなかった。

 岸本容疑者と山根容疑者は6月、幹部の銃撃について殺人未遂と銃刀法違反の疑いで逮捕されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ