PR

産経WEST 産経WEST

兵庫・姫路の女性刺殺、36歳男を逮捕 生前にDV被害か

田口朱音さんが血を流し倒れていた県営住宅の一室。ベランダがシートで覆われている=12日午後、兵庫県姫路市白浜町
田口朱音さんが血を流し倒れていた県営住宅の一室。ベランダがシートで覆われている=12日午後、兵庫県姫路市白浜町

 兵庫県姫路市の県営住宅の一室に住む会社員、田口朱音さん(24)が刺殺された事件で、兵庫県警は13日、田口さんを殺害したとして殺人の疑いで、住居不定、アルバイト、吉直優一容疑者(36)を逮捕した。「包丁を使って被害者のおなかを刺したことに間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は12日午後1時ごろ、姫路市白浜町の県営住宅2階の一室で、この部屋に住む田口さんの腹部を包丁で数回刺して殺害したとしている。

 吉直容疑者は犯行後、田口さんの車で京都市内まで逃走。約5時間後の同午後5時50分ごろ、京都府警上京署に出頭した。

 田口さんは吉直容疑者と一時的に同居していたとみられ、6月9日には「(自宅に)転がり込んできた男から暴力を受けてけがをした」と飾磨署に相談。県警はこのトラブルに関し、傷害容疑で吉直容疑者の逮捕状を請求して捜査を進めたが、その後田口さんが被害届を取り下げたという。同署の高山文明署長は「相談には必要な措置を講じたが、被害者の命が救えなかったことは大変遺憾だ」と述べている。

 捜査関係者によると、田口さんは同署への相談の際に、吉直容疑者を「知人」と説明。容疑者は逮捕後の調べに「(田口さんと)交際していた。彼女だった」と関係性を語ったという。

 県警は2人の間のトラブルや殺害の経緯について詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ