PR

産経WEST 産経WEST

岡山・真備で被災のビール醸造所 コロナ禍危機の先輩救う支援プロジェクト始動

西日本豪雨当時の「真備竹林麦酒」の製造工場。プラントも泥水に巻き込まれた
西日本豪雨当時の「真備竹林麦酒」の製造工場。プラントも泥水に巻き込まれた

 平成30年7月の西日本豪雨で多くの犠牲者が出た岡山県倉敷市真備(まび)町地区で被災したクラフトビール醸造所が、新型コロナウイルスの影響で倒産の危機にひんする“先輩”醸造所を支援するプロジェクトを立ち上げた。コロナ禍で全国的にビールの消費量は低下しており、自分たちも苦しい状況だが、運営するNPO法人「岡山マインド こころ」代表の多田伸志さん(60)は、「たくさんの恩に報いたい」と力を込める。(尾崎豪一)

 精神障害者の就労支援を目指し14年に設立された「こころ」は、町内で精神障害者のグループホームなどを運営。23年には「吉備土手下麦酒(きびどてしたばくしゅ)醸造所」(岡山市北区)の永原敬(さとし)さん(61)の技術指導のもと、同町箭田(やた)にクラフトビール醸造所「真備竹林麦酒(まびちくりんばくしゅ)醸造所」を設立した。フルーティーで飲みやすい「ささ」や、苦みが強く味わい深い「たけ」など、オリジナルのビールは評判で、地元住民から愛されてきた。

 穀物の栽培から製造までを全て岡山で行う「完全岡山県産ビール」づくりを計画し、準備を進めていたところ、豪雨が醸造所を襲った。醸造所や製造工場など、すべてが壊滅状態。「何もかもドロドロでぐしゃぐしゃ。『とにかく片付けるしかない』と、ほかに物事を考える余裕がなかった」と多田さんは振り返る。

 そんなとき、真っ先に応援に駆けつけてくれたのが永原さんだった。真備の醸造所のタンク内には800リットルのビールが奇跡的に“無傷”で残っており、永原さんが各地の醸造所に呼び掛けて集めた約500万円の資金をもとに復旧作業を進め、翌8月には製造を再開。月1回は地元住民とビールを飲んで交流する取り組みも始まり、地元の復興にも一役買ってきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ