PR

産経WEST 産経WEST

広島の姉妹デュオ、西日本豪雨「歌で伝える」

西日本豪雨の被災地を訪ねるMebiusの岡田真実さん(左)と賀江さん=平成30年10月、広島県熊野町(Mebius提供)
西日本豪雨の被災地を訪ねるMebiusの岡田真実さん(左)と賀江さん=平成30年10月、広島県熊野町(Mebius提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 広島県在住の姉妹デュオ「Mebius(メビウス)」の岡田真実さん(37)と賀江(のりえ)さん(34)が、西日本豪雨で被害を受けた地元被災地の支援を続けている。原点にあるのは命からがら逃げ出した自らの避難体験と、被災者や支援者らとの触れ合い。「人と人とのつながりの大切さを歌で伝えていきたい」と話す。(格清政典)

 「子供たちも被災して心に傷を抱えている中、『みんなが元気になってくれるように』と、一生懸命撮影に臨んでくれました」

 豪雨から間もない平成30年秋、2人は同県熊野町立熊野第四小学校にいた。豪雨災害復興応援ソング「フレフレのうた」のミュージックビデオ(MV)の撮影のためだ。MVでは同校児童も一緒に歌ってくれた。

 県のまとめ(令和2年5月31日現在)によると、同町では12人が死亡。住宅40戸が全半壊、床上・床下浸水が計64戸などの被害が出た。2人はそんな熊野町の出身だ。

 今も同町近くに住む賀江さんは、「自宅の前にある川が猛烈な雨で増水し、すごく怖かった」と当時を振り返る。平成30年7月6日、まだ1歳だった息子(3)を連れて、車で町内の実家に避難した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ