PR

産経WEST 産経WEST

【ニュースを疑え】通勤している暇はない、一過性テレワークなら「日本沈没」大内伸哉・神戸大院教授

     ◇

 【プロフィル】おおうち・しんや 神戸大大学院法学研究科教授 昭和38年11月、神戸市生まれ。東京大法学部卒、同大学院法学政治学研究科博士課程修了(博士)。技術革新と労働政策を研究。近年のテーマは、AIの活用やデジタル化がもたらす雇用への影響や、テレワークなど新しい働き方の拡大に伴う政策課題。著書に「会社員が消える」(文春新書)など。

 【ニュースを疑え】「教科書を信じない」「自分の頭で考える」。ノーベル賞受賞者はそう語ります。ではニュースから真実を見極めるにはどうすればいいか。「疑い」をキーワードに各界の論客に時事問題を独自の視点で斬ってもらい、考えるヒントを探る企画です。

大内伸哉氏(本人提供)
大内伸哉氏(本人提供)
その他の写真を見る(6/6枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ