PR

産経WEST 産経WEST

新規参入のマスク事業に評価相次ぐ シャープ株主総会 健康分野で事業展開へ

シャープの株主総会に出席する株主ら=29日午前、堺市堺区のシャープ本社
シャープの株主総会に出席する株主ら=29日午前、堺市堺区のシャープ本社

 シャープは29日、堺市堺区の本社で株主総会と経営説明会を開催した。同社が新型コロナウイルス感染拡大を受けて新規参入したマスク生産について、株主からは評価する声が相次ぎ、戴正呉(タイ・セイゴ)会長兼社長は、国内で健康関連分野の新規事業を展開する考えを示した。また、戴氏は、新社長に選んだ同社生え抜きの野村勝明副社長について、「シャープの事業に精通した人物」と語った。

 今年の総会は新型コロナウイルス感染予防のため、事前に株主へ来場の自粛を呼びかけており、出席者数は81人と昨年の392人から大幅に減少した。取締役4人の選任議案など会社側が提案した計4議案はすべて可決され、その後開かれた取締役会を経て、戴氏が会長兼CEO(最高経営責任者)に、野村氏が社長兼COO(最高執行責任者)に就任した。

 総会やその後の経営説明会では、日本政府から要請を受けて3月に新規参入を決め、個人向けの販売でも爆発的な人気が出ているマスク事業について、出席した株主が「消費者のニーズに合っていた」と評価。ただ、同社が手土産を配布していないことに関し、別の株主からは「マスクをもらえるかと期待していた」との声も上がった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ