PR

産経WEST 産経WEST

用水路転落の高齢者、猫が発見 富山

富山南署で表彰を受けた新田知子さんと飼い猫の「ココ」=27日午前
富山南署で表彰を受けた新田知子さんと飼い猫の「ココ」=27日午前
その他の写真を見る(1/2枚)

 富山南署は27日、富山市青柳新で用水路に転落した高齢男性を救助したとして会社員、新田知子さん(45)ら5人と、男性の存在を知らせて救助のきっかけをつくったとして新田さんの雌の飼い猫「ココ」の功績をたたえ、5人に感謝状を、ココにはキャットフードを贈呈した。

 同署によると、16日午後7時半ごろ、現場近くを散歩していた山口昭美さん(77)が、用水路の中をじっと見つめ、不思議な動きをしているココに気付いた。視線を追ったところ、幅60センチ、深さ40センチ、水深15センチの用水路に男性があおむけに倒れているのを発見。転落して身動きがとれなくなっていたという。

 山口さんは助けを呼び、近くに住む娘の佳代子さん(48)、ココの飼い主の新田さんと息子の大樹さん(20)、竜二さん(18)の計5人で男性を救出した。男性は擦り傷などの軽傷だった。

 新田さんはココを抱きながら「救出につながり、よくやったと言ってあげたい」と笑顔。中田聡署長は「猫も交えた住人同士の絆が人を救った」と話した。人見知りだというココは、署長に頭をなでられると横を向いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ