PR

産経WEST 産経WEST

【check!ラジオ大阪】コロナ退散せよ!あのアマビエが温泉でアーティスティックスイミングを披露

アマビエが温泉で踊る動画のワンシーン
アマビエが温泉で踊る動画のワンシーン
その他の写真を見る(1/2枚)

 別府や湯布院などの有名温泉地があり、「日本一のおんせん県おおいた」をPRする大分県が、新型コロナウイルスの終息を祈願するため、疫病よけの妖怪として知られるアマビエが温泉でアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)を披露する動画を作成しました。17日放送されたラジオ大阪(OBC)のワイド番組「OBCグッドアフタヌーン #ラジぐぅ」は、同県大阪事務所の左藤紅瑠美さんを招き、この動画に込めた思いをお聞きしました。

■温泉でアマビエが踊る?

 大分県では平成27年、「シンフロ」と題して県内各地のさまざまな温泉でアーティスティックスイミングをするPR動画を発表し、大きな反響を呼びました。その後、28年にドラマ仕立ての「ゆけ、シンフロ部!」、29年には働き方改革をテーマにした「プレミアムフロイデー」を作成。アマビエによるシンフロは3年ぶり、4本目の作品となります。

 江戸時代に疫病の到来を予言したとされるアマビエ。「病気がはやったときは自分の姿を絵に描いて人々に見せるように」と伝えたという記録も残っています。今回の動画では、音楽にあわせてイラストで描かれたかわいいいアマビエが踊ります。

 スタジオでその動画を見た番組パーソナリティーでタレントの石田靖とアシスタントの森川由香は「わ、(アマビエ)出てきた!」「アマビエの足って、こんな(風に)なってんの? 人魚みたい」「笑顔のアマビエちゃん、かわいい~」と画面にくぎ付けです。

石田「この動画は大分県の観光PRの皆さんが作ったんですか?」

左藤さん「はい。でも(感染拡大防止のため)現地には行けないので、持っている写真と組み合わせて作りました」

石田「(笑い)そうですよね、リアルアマビエが温泉に行って、シンフロを踊ったんじゃないですよね。(そうだとしたら)『アマビエおったん!』って(話題に)なりますよ!」

 ♪ウイルスもストレスも きれいに流しましょう お風呂につかって免疫力アップ…。

パーソナリティーの石田靖、大分県大阪事務所の佐藤紅瑠美さん、アシスタントの森川由香(右から)
パーソナリティーの石田靖、大分県大阪事務所の佐藤紅瑠美さん、アシスタントの森川由香(右から)
その他の写真を見る(2/2枚)

 動画とともに流れる聞き覚えのあるメロディーは、大分県に縁のある作曲家、瀧廉太郎の「花」。「免疫力アップのためにも、うち(家)のお風呂を楽しんでください」というメッセージが込められた替え歌に、石田は「なるほど」と感心して聞き入ります。

■大分県の公式HPで公開中

 この動画は大分県の公式ホームページやSNSで公開中。県は、別府市の明礬(みょうばん)温泉の蒸気で作った天然の入浴剤「湯の花」(7個入り)」をプレゼントするキャンペーンも実施しています。

 この入浴剤はアマビエのイラスト付きオリジナルパッケージで、自宅のおフロに入れると温泉気分を味わえます。県内の旅館やホテルのおかみさんたちが心を込めて一枚一枚書いたメッセージも添えられているそうです。この動画を掲載している公式ツイッターアカウント(@uchifuro)をフォローし、うちフロ動画のツイートをリツイートして応募することができます。締め切りは7月4日(土)で、抽選で千人に贈られます(おんせん県おおいた「うちフロ」プロジェクトTwitter公式アカウントhttps://twitter.com/uchifuro)

 左藤さんは「大分県の入浴剤でご自宅のお風呂を楽しんでもらい、安心して旅行に出かけられる状況になったら、ぜひ大分の温泉につかりに来ていただければ」と話しました。

 石田は両親が大分県中津市出身で、自身も中津市のPR大使を務めています。「仕事なんかで(大分県に)行かせてもらうと『こんなに(名所が)あるの!?』って(びっくりする)。(家族や友だちと楽しめるような)普通のテーマパークもあるし、歴史のテーマパークもあるし、自然もあるし、当然温泉もあるし。行ったらのんびりできるのよ~。食べ物がおいしいの!」と大分の魅力を力説しました。それを聞いた森川も大分県に興味がわいたようです。

 観光地・温泉地としてのPRのみならず、県内への移住相談会も行っているという大分県大阪事務所。詳細は電話06・6345・0071で問い合わせることができます。

     

 「OBCグッドアフタヌーン #ラジぐぅ」(毎週月~木曜日の午前11時半~午後2時)は、日替わりで吉本のタレントとアシスタントがgoodなトークとgoodな音楽を150分にわたってお届けする番組です。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ