PR

産経WEST 産経WEST

画面越し、熱意伝えるコツは? 就活オンライン面接で大学側がアドバイス

オンラインで行われた企業説明会。参加企業はそれぞれの社内から仕事内容をアピールした(同志社大学キャリアセンター提供)
オンラインで行われた企業説明会。参加企業はそれぞれの社内から仕事内容をアピールした(同志社大学キャリアセンター提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 来春卒業予定の大学生らの採用面接をめぐり、多くの大手企業が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンライン面接を導入した。想定外の面接方式に直面した学生の不安に対応するため、各大学のキャリアセンターは通信環境の確認や目線のやり方などのアドバイスを発信。学生らは手探りの就職活動を強いられている一方で、交通費の節約などのメリットも生まれている。(藤井沙織)

顔は明るく

 「目線はどこに向ければいいのでしょうか…」。近畿大のキャリアセンターには、就職活動中の学生からこうした質問が寄せられている。

 主要企業で選考活動が解禁されたのは今月1日。だが、面接のオンライン化は事前に公表されており、同大キャリアセンターは休校中の4月からオンラインでの相談を受け始めた。

 学生の多くが迷うのが目線だ。対面の面接であれば、面接官の目や顔を見ながら話すのが基本だが、画面に映る面接官の顔を見ていると、面接官側からは別の場所を見ているようにも見えてしまう。

その他の写真を見る(2/3枚)

 面接官の反応を見ながらやり取りするためには対面と同様、面接官の顔を見るべきだとする考えもあるが、同センターは、カメラの方を意識して見るようアドバイス。また面接前に通信環境が安定しているかを確認▽部屋の中で顔が明るく映る場所を探す▽背景の映り込みを少なくする-ことなどを呼び掛けている。

 同志社大のキャリアセンターも4月下旬、「WEB面接のポイント講座」と題した動画を学生向けに配信。目線や通信環境のほか、不意に音声が流れてしまわないよう、関係のないソフトやアプリは閉じておくよう注意を促している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ