PR

産経WEST 産経WEST

「ストレス発散に」コカイン所持容疑で医師逮捕

大阪府警本部の外観=大阪市中央区(寺口純平撮影)
大阪府警本部の外観=大阪市中央区(寺口純平撮影)

 コカインを所持したとして、大阪府警高槻署は24日、麻薬取締法違反(所持)容疑で同府高槻市内の医師の男(34)を逮捕したと発表した。「仕事と家庭のストレスを発散するためだった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月21日午前11時40分ごろ、自宅でコカインの粉末が入ったポリ袋を1袋所持したとしている。

 同署によると、男は同府枚方市内の病院に勤務。同日未明、「大麻を吸って動悸(どうき)がする。気分が悪くなった」と119番。府警が家宅捜索したところ、大麻は見つからなかったが、居間の机の上からコカインが見つかったという。

 同署は入手経路などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ