PR

産経WEST 産経WEST

靴下メーカーがランナー専用マスク開発 子供用も

子供たちの声を反映させて開発された「OLENO」キッズマスク
子供たちの声を反映させて開発された「OLENO」キッズマスク
その他の写真を見る(1/3枚)

 国内最大の靴下の産地として知られる奈良県広陵町の老舗メーカー「昌和莫大小(しょうわめりやす)」(井上克昭社長)が、ランナー向けに開発したスポーツマスクが話題を呼んでいる。吸汗・速乾性に優れ、「汗でマスクが引っ付き、息苦しい」というランナー特有の悩みを解決。5月上旬の販売開始以来、1万3千枚以上を売り上げ、今月からは子供用の販売も始めた。(田中一毅)

 自社ブランド「OLENO(オレノ)」を展開する同社は、足裏の筋力やバランス感覚を養いながら運動できる“はだし靴下”や、アスリート用の靴下を開発。その縁もあって、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、同社製品を愛用するアスリートから「普通のマスクで走っていると汗で引っ付いて、息ができない」という相談が相次いだ。

 感染防止のため、熱中症や呼吸困難に留意しつつ、ジョギング中にマスクを着用する人は多い。同社では4月中旬から開発に着手。未舗装で起伏のある山道を走るトレイルランニングの選手ら数十人のアスリートの協力も得て改良を重ね、ランナー専用のスポーツマスクを完成させた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ