PR

産経WEST 産経WEST

コロナに便乗の特殊詐欺 70代女性が1900万円被害

 府警捜査2課は22日、府内に住む70代女性が医療機関の職員をかたる男から「あなたの名前で新型コロナウイルス対策に必要な消毒液やマスク、人工呼吸器を購入しているので代金を支払ってほしい」などと嘘の電話を受け、名義貸しのトラブル解決費用として、現金計1942万円をだましとられる特殊詐欺被害に遭ったと発表した。詐欺容疑で捜査している。

 府警によると、電話は4月上旬ごろにあり、男から「他人に名義を貸すのは違法」と脅された。女性は和解金などとして、5月上旬までに4回にわたり、自宅に来た男に現金計1942万円を手渡したという。

 女性はその後も男らから現金を要求され数百万円を用意していたが、連絡が途絶えたため6月中旬に警察に届け出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ