PR

産経WEST 産経WEST

【動画】ラオックス 食テーマの新店舗オープン インバウンド以外の需要狙う

ラオックスが国内客をターゲットに「食」をコンセプトにした新店舗「ラオックス道頓堀店」=18日午前、大阪市中央区(南雲都撮影)
ラオックスが国内客をターゲットに「食」をコンセプトにした新店舗「ラオックス道頓堀店」=18日午前、大阪市中央区(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 総合免税店のラオックスは18日、大阪・道頓堀で「食」をテーマにした新店舗をオープンした。高級食材を取りそろえたほか、国内1号店となる中国の人気紅茶店チェーンなどが入る。これまで事業の中心だった訪日外国人客(インバウンド)向けの免税品販売を見直し、20~30代の女性を主要ターゲットとして国内客の開拓も目指す。

 開店した「ラオックス道頓堀店」は3階建てで、木目調の内装で高級感を打ち出した。1階を食のコーナーとし、神戸牛や国内産の高級米、人気ブランドのコーヒーなどのほか、全国から100以上の銘柄を集めた日本酒コーナーを設けた。また、7月4日には中国・深セン発の人気紅茶チェーン「奈雪の茶」国内1号店もオープンする。2階と3階には韓国の人気化粧品のほか、美容家電などを置く。

 当初、新店舗は3月末の開店予定だったが、新型コロナの影響で設備の調達などが遅れ延期されていた。

 

 道頓堀周辺の商店では、新型コロナによるインバウンド激減の影響を受け、今月には老舗ふぐ料理店「づぼらや」の閉店が明らかになったほか、ドラッグストアの閉店・休業も相次いでいる。ラオックスでも今回の新店舗近くにある心斎橋筋店は休業が続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ