PR

産経WEST 産経WEST

「防災教育、途切れさせない」関西大学の学生団体 

大阪府内の小学校で防災の出前授業を行う関西大学の学生団体「KUMC」の学生ら(三浦千尋さん提供)
大阪府内の小学校で防災の出前授業を行う関西大学の学生団体「KUMC」の学生ら(三浦千尋さん提供)

 大阪北部地震は通学時間帯に発生し、多くの親子が互いの安否確認ができずに不安な時間を過ごした。関西大学の学生団体「KUMC」では地震後、子供たちにも防災知識を深めてもらおうと、被害が大きかった大阪府高槻市や枚方市の小学校、幼稚園などで出前授業を続けてきた。だが、今年は新型コロナウイルスの影響で活動を休止せざるを得ず、夏に計画していた小学校の訪問も中止に。団体ではほかに出前授業ができる場を探すなど、取り組みを続けようと模索している。

 防災活動を通じた地域貢献を目指すKUMCの代表で同大社会安全学部3年、三浦千尋さん(21)は2年前の6月18日、高槻市内の実家で被災した。部屋に物が散乱し、電気やガス、水道はストップ。同居していた家族は慌てたが、授業で習った知識を生かして断水前に風呂に水をためるなど、冷静に対応できたという。

 「一度でも防災に関する知識に触れておけば、いざというときに行動に移すことができる」と実感した三浦さん。以前からKUMCが続けてきた高槻市内の小学校での出前授業でも、北部地震後は「地震は身近に起きる」と特に意識的に伝えてきた。新聞やごみ袋を使ったスリッパやポンチョなど、防災グッズの作り方を教えることもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ