PR

産経WEST 産経WEST

PCR検査断られ「どうなっても知らんぞ」強要未遂容疑で暴力団組員の男逮捕 滋賀県警

 医師を脅して新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を無理やり受けようとしたとして、滋賀県警大津署は11日、強要未遂の疑いで大津市長等の建設業、中野利明容疑者(46)を逮捕した。同署によると、中野容疑者は特定抗争指定暴力団六代目山口組傘下組織の組員で、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は5月24日、大津市内の病院で、男性医師からPCR検査を断られたところ、「このまま帰れって言うんか。お前、責任とれんのか」「検査やれや、どうなっても知らんぞ」などと脅迫。検査を強要させようとしたとしている。

 中野容疑者は熱があったため、病院を受診。病院関係者から「医師が診察中に患者に恫喝(どうかつ)されている」と通報があり、同署員が駆けつけたが、中野容疑者はすでに病院にいなかったため同署が行方を追っていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ