PR

産経WEST 産経WEST

選抜出場校の交流試合を開催、8月に甲子園で

交流試合が行われる甲子園球場
交流試合が行われる甲子園球場
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本高野連(八田英二会長)は10日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止となった今春の選抜高校野球大会の出場32校を対象に、甲子園球場(兵庫県西宮市)で8月に交流試合を開催することを決定した。

 練習の成果を発揮する舞台がなくなった野球部員に試合の場を提供することが目的。原則的に無観客で開催し、トーナメント方式ではなく、各校が1試合ずつ対戦する。日程は8月10~12、15~17日の計6日間(雨天順延)で、対戦相手は7月18日に各校主将によるオンライン抽選会を開いて決定する。

 日本高野連によると、甲子園球場に来場できるのは、各校とも選手20人に指導者、記録員らを合わせて30人以内。移動に際しては感染防止のため、北海道・東北地区以外は公共交通機関を使用せず、バスをチャーターして来場することとし、旅費や宿泊費は主催者側が負担する。

 高校野球をめぐっては、選手の安全を優先し、今夏の第102回全国選手権大会と地方大会も中止が決定しているが、緊急事態宣言の全面的解除を受け、各都道府県高野連の主催で地方大会の代替大会を開催する動きが広がっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ