PR

産経WEST 産経WEST

松井大阪市長、愛知知事批判もリコール支援は「維新としては行わず」

記者団の取材に答える松井一郎・大阪市長=3日、大阪市役所
記者団の取材に答える松井一郎・大阪市長=3日、大阪市役所

 大阪維新の会代表の松井一郎・大阪市長は3日、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が呼びかけている愛知県の大村秀章知事に対する解職請求(リコール)運動について、「首長のリコールは愛知の人が判断するべきだ。政党としては(支援を)行わない」と述べた。市役所で記者団の取材に答えた。

 松井氏は、大村氏が愛知県知事に初当選した平成23年当時、維新として支援した経緯を振り返り、「(大村氏は)選挙が終わった瞬間に、対立していた自民や公明にすり寄った。僕と『これをやりたい』と話していた公約はすべて棚上げだ」と批判。その上で「全く政策的に合わないが、辞職させるかどうかは、最終的には愛知県民が判断する話だ」とし、維新としてリコール活動に参加する考えはないと強調した。

 また、リコールに賛意を示した河村たかし・名古屋市長には「思いは分かる」と理解を示しつつ、「応援する」と発言した大阪府の吉村洋文知事(維新代表代行)に対しては「大阪府知事が(他県の首長の)辞職の旗を振るというのは違うんじゃないか」とたしなめた。

 高須院長は昨年愛知県で開かれた芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示をめぐり、大村氏のリコール運動を始めると発表。作家の百田尚樹氏や竹田恒泰氏らも支援している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ