PR

産経WEST 産経WEST

岡山で発砲、組幹部負傷 山口組系組員逮捕、抗争か

 30日午後2時35分ごろ、岡山市北区の駐車場で、特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組の幹部(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃された。腹部に銃弾1発を受け重傷のもよう。現場から逃走する車に接触した池田組組員(62)=岡山市=も病院に搬送され、骨折の疑い。いずれも命に別条はない。

 岡山県警は逃走したとみられる男を同区内で発見。銃刀法違反(所持)容疑で、特定抗争指定暴力団山口組系大同会(鳥取県米子市)の幹部、岸本晃生容疑者(52)=米子市=を現行犯逮捕した。山口組と神戸山口組の抗争事件とみて、殺人未遂容疑でも調べる。

 県警によると110番通報を受け、警戒中の岡山西署員が岸本容疑者を発見。目撃者によると、発砲音は7回あった。現場はJR岡山駅から南東に約1キロの歓楽街の一角。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ