PR

産経WEST 産経WEST

アルコール消毒液なくても 台所用洗剤も有効 新型コロナ感染防止に

 そのため、身の回りの物を拭くための消毒液として活用できるという。ただ、手や皮膚への使用は想定していないため使えない。また、本来対象でないものに使うと家具などが変色してしまったりする恐れもあり、注意が必要だ。

 高見理事は「原則的には風呂用なら風呂、家具用は家具とメーカーが指定する用途の範囲内で使用してほしい。家具用洗剤がない場合には、手に触れることを前提として作られている台所用洗剤を薄めて代用することも可能だ」とする。台所用洗剤を使用する場合は、拭き取った後に、水拭きした上で乾拭きする必要もある。

 新型コロナに有効な消毒方法をめぐっては、これまで、高濃度アルコールや塩素系漂白剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムなどが挙げられてきた。

 ただ、高濃度アルコール消毒液は医療機関などに優先的に供給するため、一般では入手困難な状況が続く。政府は身の回りの物の消毒液として、塩素系漂白剤「ハイター」(花王)などの商品を挙げて作り方を公表しているが、感染拡大を受けて一時品薄状態に。また、強力な化学成分のため取り扱いの際には注意が必要だった。

 社会活動が復活していく今後、営業を再開する店舗や事業所などではこれまで以上に感染防止の徹底が求められ、消毒液の需要はさらに膨らむことが予想される。

 高見理事は「ウイルスの消毒は、医療機関などはもちろん、家庭や店舗、事業所も同様に大事。安全に配慮しながら、ぜひ身近なものの消毒に活用してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ