PR

産経WEST 産経WEST

アルコール消毒液なくても 台所用洗剤も有効 新型コロナ感染防止に

台所用洗剤を使った消毒方法
台所用洗剤を使った消毒方法

 新型コロナウイルスの感染防止のためのアルコール消毒液が入手しづらい状況が続く中、洗剤など身近な日用品で代用する新たな消毒方法に注目が集まっている。政府系評価機関が台所用洗剤などに含まれる界面活性剤の成分で有効性が認められたと公表。緊急事態宣言解除による店舗や施設の営業再開で消毒液の需要はさらに膨らむとみられ、身の回りの物品の消毒などへの活用が期待されそうだ。(有年由貴子)

 「新型コロナ対策の新たな消毒法の選択肢になれば」。独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」の高見牧人理事はこう話す。

 NITEは22日から、ホームページで新型コロナウイルスの消毒に有効な成分を含む家庭用洗剤の製品リストを公表している。一覧には、「ジョイ コンパクト」(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)、「キュキュット ハンドマイルド」(花王)などの台所用洗剤、「バスマジックリン」(同)といった住宅家具用洗剤などの製品137種類(29日現在)が並ぶ。

 政府の要請を受け、国立感染症研究所や北里大と共同で、消毒に有効性が期待される成分数種類をピックアップして検証。このうち、中間報告の時点で塩化ベンザルコニウムやアルキルグリコシドなどの界面活性剤7種類について有効性が認められた。

 界面活性剤は、新型コロナウイルス表面を覆う脂質の膜を壊すなどの効果が期待され、家庭用洗剤に幅広く含まれている。すでにインフルエンザウイルスなどで有効性が確認されていたが、今回の検証試験では、希釈液に入れた新型コロナウイルスの99・99%以上が不活化され、効果が裏付けられた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ