PR

産経WEST 産経WEST

シャープ、液晶など分社化 上場視野、外部資金調達へ

三重県亀山市のシャープ亀山工場
三重県亀山市のシャープ亀山工場

 シャープは29日、主力の液晶パネル事業とスマートフォン向けなどのカメラ部品事業を令和2年度中に分社化すると発表した。外部から資金を調達しやすくし、設備投資の原資を確保するのが狙いだ。将来的な上場も視野に入れる。部品事業を本体から切り離すことで、シャープ本体は家電やスマホなど完成品の開発や販売に集中。ブランド価値を高めていく。

 液晶パネル事業の2年3月期連結決算の売上高は6514億円。カメラ部品事業は3334億円で、合算すると全体の4割を占める。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」向けの出荷が多い。

 シャープは次世代パネル「マイクロLED(発光ダイオード)」の開発を進めている。競争力を高めるためには多額の投資資金が必要で、他社との協業も検討していく。

 液晶パネルをはじめとしたシャープの部品事業は、米アップルなど特定の顧客に依存する構造がリスクとなっている。シャープは今後、製品のブランド力を強化し、顧客動向に左右されにくい強固な経営体制を目指す。

 液晶パネル事業は、スマートフォンなどに使われる中小型液晶パネルを生産する亀山工場(三重県亀山市)と三重工場(同県多気町)のほか、有機ELパネルを手掛ける堺工場(堺市)を運営している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ