PR

産経WEST 産経WEST

「東京と大阪は医療崩壊」愛知・大村知事の発言に吉村知事ら反論「何を根拠に」

会見する吉村洋文大阪府知事=28日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)
会見する吉村洋文大阪府知事=28日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、愛知県の大村秀章知事が「東京と大阪で医療崩壊が起きている」などと発言している。これを受け、大阪府の吉村洋文知事は28日、「大阪の医療体制はすべてオープンにしている。何を根拠に言うのか不明だ」と不快感をあらわにした。

 大村氏は11日の記者会見で「病院に入れない、救急を断るのが医療崩壊で、東京と大阪で起きている。行政としては負けだ」と発言。26日にも、首都圏や大阪で、感染者や救急の受け入れを病院が断った状況を検証すべきだと指摘した。

 これに対し、吉村氏は27日のツイッターで「大阪で医療崩壊は起きていない。大阪の医療関係者に対しても失礼な話だ」と反論。28日には記者団に「感染者が増えたときに医療状態が逼迫(ひっぱく)したのは事実だが、治療ができなかったことはない」と説明し、「理解不能だし、放っておこうと思う」と切り捨てた。

 松井一郎大阪市長も28日、大村氏について「吉村知事へのねたみ、やっかみだろう。何をもって医療崩壊というのかわからない。目立ちたいのは勝手だが、大阪をおとしめても仕方がない」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ