PR

産経WEST 産経WEST

大阪・吹田の放火事件、両親殺害容疑の55歳次男を鑑定留置

 大阪府吹田市の自宅に放火して同居する両親を殺害したとして、現住建造物等放火と殺人の疑いで大阪府警に逮捕された無職の次男(55)について、大阪地検は28日、刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置を開始した。地検が27日に大阪地裁に請求し、認められた。期間は9月14日まで。

 府警によると、次男は今月11日午後9時20分ごろ、木造2階建ての自宅に放火し、父親(88)と母親(81)を殺害したとして逮捕された。容疑を認め、「子供のころから両親に恨みがあった」などと供述していたが、精神疾患による通院歴があることなどから、地検が鑑定留置の手続きを進めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ