PR

産経WEST 産経WEST

神戸・須磨海水浴場、今夏はオープンせず コロナ対策十分行えない

2018年7月、海開きした須磨海水浴場で水遊びをする園児ら=神戸市須磨区(西山瑞穂撮影)
2018年7月、海開きした須磨海水浴場で水遊びをする園児ら=神戸市須磨区(西山瑞穂撮影)

 新型コロナウイルス感染症の予防対策が十分に行えないとして、神戸市は27日、須磨海水浴場(同市須磨区)とアジュール舞子海水浴場(同市垂水区)を今夏はオープンしないと発表した。市によると、須磨海水浴場の開設中止は記録が残る昭和57年以降初めて。

 市によると、更衣室などで人の密集が予測されることに加えて、新型コロナの感染の広がりから、ライフセーバーや監視員が十分に確保できないことも理由に挙げている。

 須磨海水浴場の海水浴客はピーク時の平成14年に約138万人を数えたが、昨夏は台風の影響などから過去最低の約24万人にとどまっていた。

 市の担当者は「中止はとても残念だが、利用者の命を守るという意味では仕方ない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ