PR

産経WEST 産経WEST

【動画つき】京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める 京都府警 

青葉真司容疑者
青葉真司容疑者
その他の写真を見る(1/3枚)

 昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。

 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、同市伏見区にある鉄筋コンクリート3階建ての第1スタジオに侵入。1階にガソリンをまき火を付けて全焼させ、建物内にいた社員36人を殺害し、34人を負傷させたなどとしている。府警は事件から間もなくして逮捕状を取り、捜査を続けてきた。

 事件では青葉容疑者自身も重度のやけどを負い、一時は命の危険もあった。高度な治療を受けるため、京都市内の病院から大阪府内の病院に転院し、皮膚移植などの治療を受け、命に別条のない状態にまで回復。その後、京都市内の元の病院に戻り、治療を受けたりリハビリしたりしていた。

 捜査関係者によると、事件から約10カ月を経て青葉容疑者の容体は一定程度安定し、逮捕後の勾留に耐えられると複数の医師が判断したことから、京都府警は逮捕の方針を決定。27日、青葉容疑者を入院治療中の京都市の病院内で逮捕し、府警伏見署に移送した。

 青葉容疑者は事件直後に現場近くで身柄を確保された際、「小説を盗まれた」という趣旨の話をしていた。また捜査関係者によると、昨年11月の府警の任意の事情聴取に容疑を大筋で認めた上で、「一番多くの人が働いている第1スタジオを狙った」「自宅を出るときから殺意があった」などと供述したという。

 事件で被害にあった京アニは世界各地にファンがいるアニメ制作会社。事件を受け、ファンらが義援金の寄付を行い、総額が33億円超にも上った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ