PR

産経WEST 産経WEST

【湖国の鉄道さんぽ】京阪大津線の旧塗装車両が見納め

800系の旧塗装(左)。右は600形旧塗装のびわ湖毎日マラソンラッピング電車
800系の旧塗装(左)。右は600形旧塗装のびわ湖毎日マラソンラッピング電車
その他の写真を見る(1/3枚)

 京阪電気鉄道の京津線で京都と大津を結ぶ800系、石山坂本線を走る600形、700形のカラーデザイン変更が進んでいる。ブランドイメージの統一という同社の戦略の一環で平成29年4月から着手し、来春に全車両の塗装工事が終了。大津線だけで見ることができた独自塗装の車両はまもなく見納めとなる。

 京都市営地下鉄東西線に京津線から直通運転するため、平成9年に登場した800系。琵琶湖をイメージしたパステルブルー、日本の伝統色である灰白をベースに刈安(イエロー)の帯を巻いた塗装だった。800系だけに施された品のあるカラーリングは利用客らに好評を博した。

 京阪では20年から、新たな京阪ブランドの確立を狙いとして、中之島線開業用の新型車両投入にあわせ、大阪、京都を走る京阪線(京阪本線、中之島線、鴨東線、交野線、宇治線)の全車両のカラーデザイン変更を進めた。このとき対象外だった大津線に今回、変更の波が及んだかたちだ。

 鉄道会社にとって車両のカラーリングはイメージ構築にとって重要だ。阪急電車と聞けば、必ず高級感のあるマルーン(濃い茶色)の車両を思い浮かべる。昨秋、JR東日本との相互直通運転を開始し、念願の都心乗り入れを果たした相模鉄道(相鉄)も、洗練されたイメージを発信しようと「YOKOHAMA NAVYBLUE」と名付けた青い車両を登場させている。京阪も特急など優等列車用の車両ではグレードの高さを表現し、一般車両は成長、発展、若々しさといった企業カラーを象徴する濃緑色に白を合わせ、黄緑色の帯を巻いた塗装で、現代的でシャープな感じを前面に押し出している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ