PR

産経WEST 産経WEST

大阪府、医療物資の供給状況を公開 吉村知事「不安あおらないで」

 大阪府は新型コロナウイルス感染症の治療に必要な専用マスクなど医療物資の供給状況を、ホームページ(HP)上で公開する取り組みを始めた。感染者受け入れなどを担う府内の医療機関では、現時点で物資は足りているという。医療現場の正確な情報を発信し、府民の不安を払拭するとともに、感染の第2波に備えて今後支援を呼びかける狙いがある。

 公開しているのは、医療従事者用の(1)N95マスク(2)フェースシールド(3)アイソレーションガウン(防護具)-の供給状況だ。

 新型コロナ患者を受け入れたり、PCR検査を行ったりしている府内の医療機関約100カ所を対象に、1カ月間の想定使用量に対する供給量の比率を算出。15日時点で(1)302%(2)235%(3)227%-と、いずれも供給量が想定使用量を上回っている。

 府は、医療機関が週単位で国に報告する在庫状況を共有し、国からの提供や独自の調達を通じて今後1週間以内に物資不足が予想される病院に重点的に供給している。感染の第2波が到来し、府全体で必要量を確保できなくなった場合は支援の呼びかけも検討する。

 府によると、物資が最も不足したのは、府内の新規感染者数がピークに達した4月上旬ごろ。吉村洋文知事が医療用マスクなどの提供を呼びかけ、大阪市の松井一郎市長も防護服の代替として雨がっぱの寄付を募り、約30万着が集まった。

 こうした支援や供給体制の強化により、吉村氏は「現状で供給が完璧とはいえないが満たされている」と説明。ネット上の情報を念頭に「雨がっぱだけでやっているとか、物資が全然ないという話は事実と異なる。不安をあおることは控えてほしい」と強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ