PR

産経WEST 産経WEST

「紀州のドン・ファン」死亡から2年 真相なお不明

 予算は成立したが、遺産額確定などに向けた手続きは始まったばかりだ。遺産には評価額が確定していない土地約8660平方メートルと建物36棟が含まれるほか、野崎さんが貸金業を営んでいたことから、返還されていない債権が約1億8千万円ある。さらに、貸した人から利息をとりすぎた過払い債務が約1億4千万円あり、一人一人に返還していく方針。土地・建物は県内外にあるが、市幹部は「古い建物が多く、何億円というような額にはならないだろう」と話す。

 今春以降、新型コロナウイルスが猛威をふるい、一連の作業に遅れが生じており、いつ遺産額が確定するかについて市の担当者は「答えようがないが、今年度中にめどをつけたい」と説明する。

 ただし民法上、野崎さんの妻が遺産の半分を受け取れるため、市は遺産額確定後、分割のために妻と協議を行うとしている。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ