PR

産経WEST 産経WEST

大阪都構想の説明動画を配信 法定協

大阪都構想の制度案を説明する大阪維新の会の藤田暁・大阪市議 
大阪都構想の制度案を説明する大阪維新の会の藤田暁・大阪市議 
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪市を廃止し、特別区に再編する大阪都構想の制度案(協定書)を話し合う法定協議会は22日、各会派が制度案への意見を述べる動画の配信を始めた。5月に予定していた市民向け説明会「出前協議会」が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったことから、代替策として実施。動画は大阪府と市のホームページから閲覧できる。

 動画では吉村洋文知事、松井一郎市長、法定協の今井豊会長に加え、各会派の代表者の市議がそれぞれ約5~10分で制度案への意見を述べている。

 維新市議は「大阪市のままでは必ず税金が足りなくなる。未来志向の改革を実現させたい」、公明市議は「新型コロナのように非常事態に陥ったとき、迅速で効率的なサービスを提供できる」と必要性を訴えた。

 一方、自民市議は「いまは都構想よりコロナ対策に全力であたるべきだ」と主張。共産も「新型コロナで先が見通せない中で、都構想どころではない」と反対の姿勢を強調した。

 出前協議会は制度案について市民の意見を聴くことが目的。法定協は31日まで、郵送やメールなどで市民からの意見を募集している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ