PR

産経WEST 産経WEST

等身大の豊臣秀吉坐像発見 最大級、江戸時代も信仰

大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=大阪市
大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=大阪市
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪市旭区の大宮神社で江戸時代に作られたとみられる等身大の豊臣秀吉坐像が見つかり、21日、市教育委員会が発表した。高さ81・9センチの寄せ木造り。市教委によると、秀吉は没後に神として祭られ、全国で約20体の木像が知られているが、近現代の作品を除くと最大級という。

 同神社の広瀬哲宮司は「大坂夏の陣で落城の際に持ち出されたとの言い伝えもあった。秀吉公を祭るのがはばかられた江戸時代の秀吉信仰を考える上で貴重だ」と話している。

 像が見つかったのは、大宮神社内にある摂社・高良社。社殿は昭和11年に建て替えられ、扉はくぎで留められていたが、社殿の改修工事が計画されたことから調査し、像を発見した。

 像は正装の束帯姿だが、冠などはなくなっており、表面の色彩も意図的に落とされた可能性があるという。銘文はなかったが、表情などから江戸時代に作られたとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ