PR

産経WEST 産経WEST

2025年大阪・関西万博のロゴ発表延期 新型コロナで

2025年大阪・関西万博の会場となる大阪湾の人工島・夢洲=大阪市此花区(本社ヘリから、安元雄太撮影)
2025年大阪・関西万博の会場となる大阪湾の人工島・夢洲=大阪市此花区(本社ヘリから、安元雄太撮影)

 2025年大阪・関西万博の運営主体である日本国際博覧会協会は20日、国内外のPRに使用する大阪万博の正式ロゴマークの発表を延期すると明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもので、「機運醸成にふさわしい時機を見極めたい」としている。

 大阪万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を表現する正式ロゴは、昨年11~12月に公募し、5894点の応募があった。選考委員会の審査を経て、今春発表予定だった。

 選考委員会の座長は建築家の安藤忠雄氏。選考委員には『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる漫画家の荒木飛呂彦氏や元サッカー女子日本代表の澤穂希氏ら各界の10人が就任している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ