PR

産経WEST 産経WEST

【脳を知る】不眠症に注意、健やかな眠りで脳も健康

前のニュース

 5月のすがすがしい季節になりましたが、新型コロナ感染症により外出が制限され、日光を浴びたり体を動かしたりする機会が少なくなっていると思います。

 身体活動の低下は、心身に悪影響を及ぼしかねないので注意が必要ですが、見過ごされがちなのが睡眠です。今回は不眠症についてお話しします。

 日本人の21%が不眠に悩んでおり、15%が日中の眠気を感じているといわれています。不眠症は、寝つきが悪い▽寝た感じがしない▽途中で目が覚めてしまう▽朝早く目が覚めてしまう-という症状に加えて、日中の活動が低下する▽気分が沈む▽イライラする-などの精神症状、あるいは運動機能に問題がでてくる場合をいいます。

 標準的な睡眠時間は7~8時間といわれていますが、個人差があるので時間そのものにあまりこだわらないほうがいいでしょう。たとえ睡眠時間が短くても日中に何も問題がなければ不眠症とは言いません。

 睡眠は体や脳を休めるだけでなく、記憶を定着させたり体の成長を促したりする役割も担っているので、不眠は体に良くないことは当然ですが、最近の研究では不眠症があれば、糖尿病や高血圧になる危険性が3~4倍高くなり、逆に不眠症を治すことでそれらが改善されることがわかってきました。

 糖尿病や高血圧は脳卒中や認知症の原因となるので、不眠症は脳の病気を引き起こす遠因になるともいえます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ