PR

産経WEST 産経WEST

吉村知事「基準はクリア」緊急事態解除へ

 大阪府の吉村洋文知事は19日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除される方向で調整が進んでいることに関し「国が定めた基準はクリアしている。解除されるべきで、休業要請の範囲を見直す」と述べた。休校が続く府内の公立学校は6月1日に授業を再開するとし、受験学年の小学6年、中学3年、高校3年は感染防止対策を取って5月中の再開を目指す方針を明らかにした。府庁で記者団の取材に答えた。

 府は16日に事業者への休業要請を一部緩和した。吉村氏は21日に宣言が解除された場合も、過去にクラスター(感染者集団)が発生した施設は「慎重な判断がいる」として、要請を維持する考えを示した。

 クラスターが発生していない大型集客施設は「一定の感染拡大防止措置を取りながら要請を解除していくこともあり得る」とした。

 規模を問わず自粛を要請しているイベントについて、吉村氏は「規模がそれほど大きくないところから順次再開するのが一つの考え方だ」と述べた。21日以降に開かれる府の対策本部会議で最終決定する。

 14日の対策本部会議で示したロードマップでは、宣言解除の際に原則全ての施設への休業要請などを解除するとしていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ