PR

産経WEST 産経WEST

一部解除の大阪「車増えた」「気抜けない」

マスク姿で通勤する人たち=18日午前、大阪市北区のJR大阪駅前(彦野公太朗撮影)
マスク姿で通勤する人たち=18日午前、大阪市北区のJR大阪駅前(彦野公太朗撮影)

 新型コロナウイルス特措法に基づく大阪府の休業要請が一部解除されて初の平日となった18日朝。JR大阪駅周辺は休業要請中の風景とは一変し、多くの通勤客が行き交った。ただ人々は一様にマスク姿で、感染リスクを恐れる声も聞かれた。

 取引先がある大阪にいつも車で通うという神戸市灘区の建設業の男性(52)は「今日は車の通行量がこれまでより多く、混んでいた」と話す。仕事は「3密を避けるために現場がストップしたりして業務が停滞気味だった」といい、「これから現場も再開して、徐々に忙しくなると思う」と話した。

 大阪府豊中市の40代女性会社員は「(自粛前に比べて)電車に乗る人が増えた」と感じたといい、「間隔を十分に取れず、心配になる」と話した。

 大阪市鶴見区の50代の女性会社員も「混み合う通勤時間を避けて午前9時頃にバスに乗ったが席は埋まっていて、人が増えた印象だった」と振り返り、「介護関係の仕事なので、『利用者に感染させるわけにはいかない』と常に危機感を持っている。解除されてもまだ完全に収束したわけではないので、外出は控えようと思う」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ