PR

産経WEST 産経WEST

「大阪モデル」達成状況をライトアップで表示、太陽の塔で試験点灯

その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府が新型コロナウイルス対策で実施している休業要請を段階的に解除するための基準「大阪モデル」の運用が始まった8日、達成状況を示すライトアップの試験が万博記念公園の太陽の塔(吹田市)で行われた。正式なライトアップは11日午後6時半から、通天閣(大阪市浪速区)と合わせて2カ所で始める。

 感染経路不明者数、陽性率、重症者用の病床使用率の3指標の達成状況を、信号と同じ3色の光で「見える化」し、府民と共有することが狙い。太陽の塔は連日午後6時半から午後11時まで点灯。通天閣は日中も点灯させるという。

 3指標を全てクリアしていれば、7日目まではカウントダウンを表す黄色、段階的解除を判断できる8日目から緑とし、3指標の1つでもクリアしていなければ警戒レベルの赤とする。

11日の正式なライトアップに向け、太陽の塔で行われた試験点灯=8日午後、大阪府吹田市(恵守乾撮影)
11日の正式なライトアップに向け、太陽の塔で行われた試験点灯=8日午後、大阪府吹田市(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 一方、いったん解除した後は、再び自粛を要請するための警戒基準として、経路不明者数(5人以上)、陽性率(7%以上)、経路不明者数の増加比率(1以上)を指標とする。いずれも直近1週間の平均値を使い、3指標のうち1つでも超えれば注意喚起レベルの黄色とし、3つ全て超えた場合は警戒レベルの赤とする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ