PR

産経WEST 産経WEST

「大阪モデル」の運用スタート 初日は3指標ともクリア

その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府は8日、新型コロナウイルス対策で事業者に出している休業要請を段階的に解除するための独自基準「大阪モデル」の運用を始めた。この日は、PCR検査における感染者数の割合を示す陽性率など3指標全てで基準をクリア。14日まで7日間連続で達成すれば、15日の対策本部会議で段階的解除を判断する。

 3つの指標は(1)感染経路不明者数(直近1週間の平均値)(2)陽性率(同)(3)重症者用の病床使用率。

 府のホームページで毎日公表する。基準値は(1)10人未満(2)7%未満(3)60%未満で、8日は(1)3・71人(2)2・7%(3)30・9%と、いずれも下回った。

 達成状況を「見える化」するため、11日からは万博記念公園の太陽の塔(吹田市)と通天閣(大阪市浪速区)をライトアップ。3指標全てクリアしていれば、7日目までは黄色、段階的解除を判断できる8日目から緑とし、それまでに3指標の1つでもクリアしていなければ警戒レベルの赤とする。

11日の正式なライトアップに向け、太陽の塔で行われた試験点灯=8日午後、大阪府吹田市(恵守乾撮影)
11日の正式なライトアップに向け、太陽の塔で行われた試験点灯=8日午後、大阪府吹田市(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 8日は太陽の塔で試験点灯が行われ、3指標いずれもクリアしたことを示す黄色いライトなどが、塔を浮かび上がらせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ