PR

産経WEST 産経WEST

ウイルス研究拠点も期待のエリア構想 キタとミナミに続くヒガシ

 大阪の「ヒガシ」の拠点となるか-。大阪のシンボル、大阪城公園の東側(大阪市城東区、東成区)で、次世代を見据えたまちづくりがスタートした。令和7年度には、大阪府立大学と大阪市立大学の統合による新大学のメインキャンパスが設置される。大阪府市は民間事業者と協力し、メインキャンパスを軸にエリア全体を整備する方針で、「キタ」や「ミナミ」に続く、大阪の新たなまちが誕生しそうだ。

森之宮を「知の拠点」に

 「新大学の研究者のマンパワーを生かして、大阪にウイルス研究の拠点をつくりたい」

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、大阪市の松井一郎市長は4月、令和4年度の開学を目指す新大学を中心に、感染症研究の拠点をつくりたい意向を示した。新大学には医学部や農学部、獣医学部といった「ウイルス研究に適した環境がそろう」(松井氏)こともあり、期待が高まっている。

 「知の拠点」としての発展が見込まれる新大学のメインキャンパスは、JR大阪環状線の大阪城公園駅近くの森之宮地区にある市用地(2・6ヘクタール)に整備される予定。同地区には、産官学が連携したシンクタンク機能が置かれ、最先端技術を生活や都市機能に導入する「スマートシティ」実現に向けた拠点づくりの構想が進む。

 まちづくりの対象エリアは、このメインキャンパスを含め、大阪城公園の東側53ヘクタールに及ぶ。

 JRと大阪メトロの駅が近く、交通利便性が高いにもかかわらず、大規模な未利用地が残されていたエリアで、市の担当者は「活用しないままではもったいない。ポテンシャルを最大限引き出したい」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ