PR

産経WEST 産経WEST

「コロナ」工夫凝らしたポスターが存在感

 感染者ゼロが続く岩手県では、強烈なインパクトを放つポスターが話題だ。ニワトリの頭にワイシャツ姿の人物が、スタイリッシュに爪の間や手首など洗い方を解説。県北部にある九戸村商工会が作成した「チキント手アライ」だ。

 商工会によると、謎の人物は村の基幹産業である養鶏がモチーフ。「きちんと」と「チキン」をかけ、正しい手洗いでの感染予防を訴えている。

 コンビニエンスストア大手のローソン(東京)。《すこし離れるって、ホッとする。》。感染予防のソーシャルディスタンス(社会的距離)を意識してもらおうと、コーヒーが距離をあけて並ぶポスターを作った。担当者は「店で買える商品で楽しい自宅の時間を過ごしてもらいたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ